カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 痒そう!とびひ治療はお早めに。
病気と症状

[0歳4ヶ月]痒そう!とびひ治療はお早めに。 [育児の体験談]

4618人に読まれました
2015-11-27 10:55
生後4ヶ月くらいの頃でしょうか。
とにかく頬がガサガサに。
保湿が足りないのかなーと思い、赤ちゃん用乳液で頬を保湿していたのですが、いっこうに良くならず。
初めは周りからは「ほっぺた赤くてかわいいねー」と言われてたので、そんなにひどい症状ではないのだろうと、病院には行っていませんでした。

ところがそのうち赤みはどんどん強くなり、ついには赤みはグジュグジュに軽くただれている感じになりました。
これはイカンのではないだろうか…。近所の皮膚科に連れて行きました。

近所の皮膚科はなぜか連日大賑わいで、予約もできないので2時間は平気で待たされます。
その間大しておもちゃでも遊べない月齢の子供がぐずらないよう待合室で待つのは非常に至難の技でしたが、
子供の肌には変えられません。
そしてようやく呼ばれて子供と診察室へ。
結果、診断はとびひでした。
どうも春になって暖かくなってきた際、あせもか何かを掻いてしまい、そこから感染したものと思われます。
乳液を塗っていたのですが、ただれまでなってくると乳液は逆にしみるようで、ここ最近の不機嫌はきっとその為だろうとの事。
診断が出たので、早速薬をだして頂いて、日々せっせと塗っていきました。
するともう二日目あたりからみるみる具合がよくなり、あっという間に頬は今まで通りのつるつるプクプクに戻ることができました。

もっと早く診察行ってあげていれば良かったなぁ。混んでいるからといっても、放置してても治らないもんなぁ。
ご機嫌な赤ん坊の顔を見ながら反省したのでした。

みんなへメッセージやアドバイス

病院で待たされるのは小さい子連れにはなかなかのエネルギー消費になりますよね。ママさんネットワークを駆使して、空いてる病院情報を得られる事をおすすめします。先輩ママさん、本当に凄い情報量です。
2

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる