カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ベビー用品 >
  4. やっぱり便利だった。腰が据わるまでの赤ちゃん椅子
ベビー用品

[0歳5ヶ月]やっぱり便利だった。腰が据わるまでの赤ちゃん椅子 [育児の体験談]

565人に読まれました
2015-11-27 13:26
お座りしたいけどお座りできない、そんな4~5ヶ月くらいの時期。
ある日ブラブラリサイクルショップを眺めていると、なんと中古のバンボが。
おおこれがバンボ!腰のすわらない赤ちゃんでも、これに座れば安定できるという、あの補助椅子か!
中古の中でも結構な色落ち具合で、値段も定価の半額以下だったのですが、どうせ数ヵ月しか使わない!これは買うチャンス!と思い、張り切って購入。

それまではずっと寝っ転がっていると「飽きたー」とクレームを付けていたうちの子。
壁にもたれかけさせて、座ったような姿勢になると、視界が変わるのでたいそうご機嫌になるのですが、そのままズルズルと横に崩れ落ちてウワーン。
それが今までのパターンでした。
それがこの補助椅子を装着すれば、視界が変わるし安定するし、きっといい事だらけ!と思っていざ座らせます。
座らせ…あれ?
太ももがつっかえて入りません…。

これはいけない。どんだけ太ももムチムチなんだ赤ん坊は。
色々考えて、周りにも聞いてみた結果、ふともも部分は椅子の幅を引っ張って広げて入れれば大丈夫、との事。
確かに、入れてしまえば締め付ける事もなく、キレイに円塔型の椅子の中に太ももが入ります。よかった!

座らせてみた時の子供の反応は、「おっ、これいいじゃん落ち着くじゃん」的な顔。合格のようです。

この椅子を購入した一番の目的は、実は離乳食の際に座らせる為でした。
いいかげん膝の上で食べさせるしんどさから開放されたくて、座って貰いました。
初めのうちはご機嫌で座る子供。
だからといって普段食べない食事が進むわけではなく、相変わらずのモヤーっとした離乳食タイムが続きます。
食べない。どうぞ。食べない。どうぞ。ペロっと舐める。で10分過ぎ20分過ぎ。

とうとう座るのと食事するのに飽きたのか、ギャーと吠える。あーハイハイ、と椅子から出そうとすると、
太ももが取れない!子供を抱え上げたら椅子ももれなくブラーンとくっついてくる始末。
アワワアワワと一瞬なりましたが、落ち着いてゆっくり太ももから外すと、痛みを伴うこともなく外れる事ができました。

このまま「バンボ=つまらない離乳食タイム」と認識するようになったら嫌だなあと思いましたが、どうやら椅子自体は気に入ったらしく、ちょっと座ってて欲しい時などには非常に重宝しました。腰が座るとまったく使わなくなりましたが、やはりこれは買って正解だと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

腰が据わるまでの間に使ってましたが、やはり無理に座らせるのはどこか心配なのでなるべく短時間で済ませんていました。
1

上へもどる