カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. おどろきのおんぶ効果!
遊び・あやし

[0歳8ヶ月]おどろきのおんぶ効果! [育児の体験談]

1071人に読まれました
2017-02-01 16:56
長女の時も長男のときも、散歩の途中や買い物のときに抱っこひもで子どもを抱いているとよく年配の方々に「今どきは抱っこが多いね。」とか「昔はみんなおぶったものだわ。」なんてよーーーーく言われてきました。

たしかに、昔は抱っこひものようなしっかりした作りのものではなく、布製の簡易なおんぶひもを使っておぶってたんだよなー位の知識はあるので、「そうですねー」なんて返していました。

ある日、ぼーっとテレビを観ていたら、あの有名な脳科学おばあちゃんについての番組をやっていました。天才児をつくるためのおばあちゃんの工夫がいくつも紹介される中に、「積極的におんぶしてあげる」というものがあったので俄然興味が湧いてきて、おんぶについて調べてみました。

・おんぶをすることで赤ちゃんの脳が育まれる。

・視界が広がり脳への刺激が増える。(抱っこひもで対面抱っこの場合は赤ちゃんの視界のほとんどをパパ・ママの胸で遮ってしまう)

・パパママと学習できる。(高いところから色々な景色を見ることで知的好奇心を育み、また、パパ・ママの行為をあたかも赤ちゃん自身が行っているように感じさせることができる)

・姿勢、情緒、運動神経を良くする。(抱っこひもだと、赤ちゃんは中でつりさげられている形になってしまい自らほとんど何もできない。おんぶの場合、赤ちゃんのおしりを支えるだけなので赤ちゃんの動きを遮ることはなく、自分の両腕でパパ・ママの背中にしがみつき、自らの力で腰(仙骨)を伸ばして立ちあがろうとする姿勢を取る。お座りから立つことへの練習と姿勢の良い体つくりにつながっている)

こんなの知ってしまったら、抱っこよりおんぶしたくなっちゃいますねよね。うちはそうしています!

みんなへメッセージやアドバイス

子どもの脳と体のため、少しずつでも取り入れていくのがいいのではないかと思います!おすすめです!
1

上へもどる