カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. *私の退職物語 その2*
妊娠中の生活

[19w]*私の退職物語 その2* [妊娠・出産の体験談]

3690人に読まれました
2015-11-28 13:31
*家業との両立*
 パート先の社会保険にはいるため、月に求められる出勤時間は120時間。週5日出勤するとして、一日6時間働くことが最低ラインでした。
 ところが、私にはこの最低ラインがなかなかにしんどいものでありました。というのも、その頃私は、夜は家業の居酒屋を手伝っていたのです。
 家業といっても、私の実家というわけではなく、彼の実家でした。まだ入籍こそしていませんでしたが、花嫁修業も兼ねて、お手伝いをさせていただいていました。


*かっつかつじゃー!*
 それからというもの、社会保険に入れてもらったのはいいのですが、時間がカッツカツな日々が続きました。
 朝は8時半に出勤して、休憩は12時から45分間。退勤は15時でした。
 
 ↑実はこのスケジュールだと、月120時間もいきません!
 正味、5時間45分といったところでしょうか。
 はじめは退勤を16時にしてもらっていたのですが、そうするとかなりしんどかったので、一時間早めてもらったのでした。
 では、どのようにして時間を満たしたのか...
 週の出勤日を6日にしてもらいました。毎週ではないですが、2週くらいは6日にしてもらいました。

*私も会社もカッツカツ*
 そんな感じで私も3時に帰宅してあれやこれやして、夕方5時半に居酒屋の手伝いをはじめて夜12時まで働く、とそんな生活をしておりました。
 正直いいましょう。しんどかった!ヘロヘロでした。働いている時はまだいいんです。
 帰ってからと、行く前がしんどい。
 帰ってからは、「明日からまたしんどいぞ!」行く前は「さぁ、これからしんどいぞ!」
という具合に、一日中しんどがっていました。笑
 
 そして、私だけではなく、会社のほうもなかなかカツカツだったのです

ーその3につづきます

みんなへメッセージやアドバイス

ちょっと特殊な体験談ではありますが、こんな人もいる!と参考にしていただけたら幸いです。
1

妊娠19w前後の体験談

上へもどる