カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. わが子へ 読み聞かせ?! 発達促進で一石二鳥の絵本
遊び・あやし

[0歳0ヶ月]わが子へ 読み聞かせ?! 発達促進で一石二鳥の絵本 [育児の体験談]

526人に読まれました
2015-11-28 16:37
生まれたわが子にいい絵本はなんだろうと探していました。
このシリーズの本は、口コミでよかった絵本でした。2冊シリーズになっている絵本で、
この絵本の作家さんは他にも面白い絵本をお書きになられています。

0歳から対象の絵本。
とても中身は簡単な内容です。
はーい、ぱちぱち、ばんざい等を赤ちゃんと動物のイラストに合わせて
お話が進み、まねっこして遊びながら読むことができます。

内容はいたって簡単なので、ねんねの頃から読み続けていくと、いつの間にか
絵本のまねをして、できなかったことができるようになるかもしれません。

少なくともうちの子供は、この絵本でぱちぱちと手をたたくということを
ちゃんとできるようになりました。
こんにちわとお辞儀じながら、挨拶をしたり 笑。
もちろん、言葉はまだですが、ジェスチャーだけでもとても良く理解しています。
お母さん、お父さんも簡単に、何にも考えることなく絵本を読むことができるので、
家族みんなで楽しむことができます。
みんなで、真似っこするときは少し、オーバーリアクションでもよいかもしれませんね。

絵本は世の中に、たくさんあるので、
実際どの絵本が良いのかなんてわかりません。
そのため、私は、自分が昔読んだ絵本や、口コミでよかった絵本などを探して、
子供のために買っています。また、めっくたり、なめたりするので、
古本屋さんなどで購入し、節約も心がけています。

楽しみながら、子供に読んであげたいですね。

みんなへメッセージやアドバイス

何か簡単なものからお子様にぜひ、絵本を読んでみてください。
そのうち、お子様自分から絵本を読んで欲しいようなジェスチャーがみられるはずですよ♪
0

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる