カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. よく遊びに行ったスポット(秋編)
遊び・あやし

[1歳9ヶ月]よく遊びに行ったスポット(秋編) [育児の体験談]

222人に読まれました
2015-11-30 02:00
長女が1歳10ヶ月~2歳0ヶ月、長男が0歳6~8ヶ月の秋。
毎日水遊びに通った時期も終わり、まだまだ暑い日は多かったものの、今度は水遊びセットを持って同じ公園内の砂場に向かうようになりました。長男はなんとか一人すわりができるようになってきていましたが、砂を食べてしまうので、やはり最初のほうは抱っこひもかベビーカーからの見学でした。

長女は車から降りてバケツを掴むなり、全速力で砂場まで走ります。そして誰かがいると迷わずその輪に入っていって、お友達に警戒されるという。。。お父さんお母さんは「一緒に遊ぼうねー。」と言ってくれますが、子どもにはよく警戒されるほど積極的に行ってしまう娘です。
みんながみんな受け入れてくれるわけではないので、拒否されたり無視されたりしているのを見ると辛くなりますね。相手は子どもなのに嫌味の一つでも言ってしまいそうになる大人げない母です。(さすがにこらえますが!)

娘は砂場では裸足になりたがるのでやりたいようにやらせているんですが、中にはそれをダメと教えている家庭もあるようです。びっくりしましたが、考え方って人それぞれですね。

穴を掘ったり何かを埋めたり、バケツでケーキを作ってどんぐりや落ち葉でトッピングしたり。砂遊びって本当にクリエイティブな遊びだなーと思って見ています。調べてみたらやはりメリットは多いようです。
・砂というシンプルな物体を扱うからこそ子どもの「自分で考える力」が育つ
・指先から伝わる砂や泥の温度や感触、重さや感覚は脳に様々な刺激を与える。
・開放的な砂場で思いっきり夢中になって遊ぶことでストレスが発散できる

爪切りとか服の洗濯とか車や家の中の掃除とか、デメリットもありますが、デメリットは全部親が頑張ればいいことですものね。億劫がらずにたくさん遊ばせてあげようと思います!



みんなへメッセージやアドバイス

遊び疲れてよく寝てくれるというのもメリットのひとつです!
1

上へもどる