カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 2歳 >
  4. 弟を叩く姉。いろいろ試して改善してきました!
2歳

[2歳]弟を叩く姉。いろいろ試して改善してきました! [育児の体験談]

200人に読まれました
2015-11-30 04:02
長女と長男の歳の差は1歳4ヶ月。現在、2歳0か月と0歳8ヶ月です。まだまだ甘えたい娘にとって、弟はうれしくない存在のときがあるのでしょうね。
遊んでいるとき、自分の(自分専用だと思い込んでいる)おもちゃに息子が手をかけただけで叩いたり押したりして、不安定ながらもがんばってつかまり立ちしている息子を倒したりしてしまっていました。「〇〇(弟)がかわいそうでしょ!」「なんでそんなことするの!」「メッ!」「それは悪いことよ!」等々、叱る言葉しか出てこなかったんですが、娘の心に響いている様子もなく、それで叱られる娘もかわいそうになってしまって、ネットで事例を見たりして考え直してみました。

調べたところでは、以下のポイントが重要とのことでした。
(1)上の子を褒めること
(2)空いた時間を上の子に費やしてあげること
(3)下の子の世話を上の子にも手伝わせること

早速(1)の「褒めること」からはじめました。ちょっとわざとらしいくらい露骨に、褒めて褒めて褒めちぎりました。リアクションは、褒めるたびに毎回満面の笑みでした。本当に嬉しかったみたいです。よく頭をなでなでして褒めたので、娘も真似して「なでなで」と言いながら同じことを息子にやるようになりました。実に大きな進歩です。息子も顔をくしゃくしゃにして喜びます。

(2)の「空いた時間を上の子に費やしてあげること」については、これまでもかなりできていると思うので継続しています。

(3)の「下の子の世話を上の子にも手伝わせること」は、息子のオムツを持ってきてもらったり畳んだ服をタンスにしまってもらったりと、徐々にリクエストを増やしていっています。これもできたときには大げさに褒めてあげています。

弟に対する優しい気持ちも持っていることは知っているので、それを引き出す環境を私が作ってあげなきゃいけないんだなーと反省させられました。以前叱ったことは後悔しています。


みんなへメッセージやアドバイス

叱るときとかそういう言葉が出てしまうときって、自分に余裕がないときなんですよね。
ストレスとの戦いなのかもしれませんね。
笑顔でがんばりましょうね!!!
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる