カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 夜泣きシーズン到来
睡眠(ねんね)

[11歳]夜泣きシーズン到来 [育児の体験談]

925人に読まれました
2016-11-02 17:16
 もうすぐ1歳になろうかという頃、夜泣きが続く時期がありました。親である私たち夫婦の疲れもピークになり、いろんなことを試しましたが簡単には解決せず・・・、格闘しました。
  • 授乳しても寝てくれない・・・

     双子をほぼ母乳で育てていました。1歳近くになると、寝る前の授乳がしっかりできていたら、いわゆる夜泣きで困るということはあまりなかったのですが、ある日突然、息子が夜中に起きるようになりました。
     夜中に起きても授乳して落ち着いたら寝てくれていたのですが、この頃の息子は寝てくれない・・・今までと何も変えていないのにどうして?ということばかり考えていました。
     授乳したら少し落ち着くけれど1時間もしないうちにまた起きる。娘が起きたらもっと困るのでとにかく抱いて落ち着かせ、授乳をしてみたり、おんぶをしてみたり、抱っこでユラユラしてみたり・・・
     「これが夜泣きか!!」と痛感し、格闘の数週間でした。
  • 効果のあった対策は・・・ありません。

     結局、「コレが効果的!」という対策はありませんでした。娘がいますので、車でドライブに連れ出すことはできません。主人が家にいて、余裕があるとき(週末など)は息子だけつれてしばらく車を走らせてくれたりしましたが、帰ってきてベッドに寝かせるとまた起きる、の繰り返しなので、一時的な解決にはなりましたが、根本的には解決になりませんでしたし、私ひとりで二人を寝かせていた時は連れ出すこともできません。結局、家で授乳や抱っこで少しでも寝かせる毎日です。
     抱っこやおんぶで風通しのいい場所に動いてみたりしました。スクワット抱っこもやりました。授乳をひたすらしてみたり、添い寝をしてみたり。
     どれも有効な対策はなく、それでも朝が来たら割とご機嫌で疲れているのは親だけなんですよね。助かったのは、この時期双子の娘は、いくらそばで相方が泣いていても目を覚ますことはなく、夜中に2人をあやして寝かしつけられないということがなかったことです。
  • 気が付いたら夜泣き終了?

     今思い出しても、記録を見ても夜泣きが終わった理由はよくわかりません。本当に気が付いたら終わっていました。
     「アレ?今日は起きなかったな。」と思う日が何日か続いていたと思ったらそれが夜泣きシーズン終了、といった感じです。
     特に変えたこともないですし、母乳をしっかり飲み、離乳食も元気に食べ、お昼は散歩をしたり、部屋でおもちゃで遊んだり・・・。夜泣きに理由はないとはいいますが、終わるときも理由は特にありませんでした。

みんなへメッセージやアドバイス

 夜泣きにこれが効果的、という対策は結局のところ見当たりませんでした。体はしんどくなるし、朝がきたら日中はいつもの忙しい毎日が待っているし、負のサイクルに陥ってしまいがちです。でもとことん付き合うしかないのかな、というのが私の結論です。もちろん、頼れるところにはどこにでも頼ってです。夫、実家、地域、友人、私は全部頼りました。昼間に少し寝るだけでも違いますし、友だちに会うだけでも元気になります。
 乗り越えたら、小さな子どもがちょっとだけ大きくなったようにきっと見えてきます。
1

妊娠11歳前後の体験談

上へもどる