カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 初めてのお泊り
おでかけ

[1歳0ヶ月]初めてのお泊り [育児の体験談]

296人に読まれました
2015-07-07 07:56
 1歳を過ぎたころに、実家ではなく、初めてホテルに宿泊しました。まだ離乳食の時期、食事のこと、お風呂のこと、環境が変わったなかで寝させることなど色々準備の段階で心配なこともありました。初めてのお泊り、大荷物でしたが、楽しいものになりました。
  • 大荷物でチェックイン

     実家以外のところに初めてお泊りをした時のことです。1泊の小旅行で、ホテルは以前に夫婦で利用したこともある大規模な観光ホテル。子連れに優しいサービスがいろいろ・・・といった口コミと以前の印象から決めました。
     1歳の双子ですから、1泊といえども荷物が大量です。着替えも予備がいりますし、おむつは大目に20枚くらい持って行ったと思います。離乳食時期でしたのでもしもホテルで食べられるものがなかったら困るので、ベビーフードも食事回数分、おやつもいろんな種類を大目に・・・と、あれこれ準備しました。
     まるで海外旅行!?と笑われそうなくらい荷物が多かった気がします。今考えると必要ない物ももっていってるんですよね。
  • 畳の部屋でゴロゴロ、ハイハイ

     広い畳の部屋だったので、ついたら子どもたちはいろんなものに興味津々。内線電話や、テレビの配線、お茶セットなどなど。初めての場所を探検しまくってました。
     ひろびろハイハイできて、2人そろってご満悦でした。
  • レストランでベビーフード

     食事はバイキング形式のレストランでした。子どもには結局ベビーフードを食べさせました。やっぱり何となく、味が濃そうなものばかりで、ちょっと無理があるかな~と思いました。でももう少し大きくなってからだと子どもが十分楽しめるメニューが揃っているように思いました。
     おにぎりがあって、海苔があぶれるようなトースターがあって、子どもたちが一生懸命海苔焼いてました。唐揚げやソーセージはもちろん、小さなパンケーキとフルーツが並んでいたり、デザートや果物も充実していました。
     たぶん、自分で取れるくらい大きくなってきたら、こういうレストランは楽しいんでしょうね。
     食器も子供用の皿、スプーンはもちろん、シリコンのエプロンやヌードルカッターまで!使わなかったけど、あれば便利だなって思いました。
     我が家の子どもたちは持参のベビーフードでしたが、バナナだけあげました。いい子にベビーカーに座っていてくれたので、大人も(急ぎましたが)きちんと食べることができました。
     双子のベビーカー(横型)ですので、座れる場所も限られてしまうのですが、スタッフの方が配慮してくださって出入り口に近い、広い場所を確保してくださり、助かりました。
  • 初めての大浴場

     息子はお父さんと、娘は私と大浴場に行きました。脱衣所にベビーベッドが置いてあり、横におむつゴミ箱もあったので服を脱がせたりするのがとても楽でした。
     まだしっかり立たせておくことはできないので、子どもを洗って私はシャワーで体を流して湯船へ。決してゆっくりお風呂タイム、とはいきませんでしたが、娘は楽しかったらしく、ご機嫌でにこにこしていました。
     後で夫に聞くと、息子が音が響くのがちょっと怖かったのか、広すぎてこわかったのか、ちょっと固まっていたらしいですけど・・・。2人、感じ方はそれぞれですね。

みんなへメッセージやアドバイス

 この時の旅行の目的は、遠くにすむ曾祖母に子どもたちを見せに行くことでした。1歳になったし、一度会わせてみたかったので。曾祖母も喜び、子どもたちにも良い経験がさせられたと思います。
 初めてのお泊り、緊張していたのは母親だけだったのかもしれません。子どもたちはご機嫌いっぱいでした。家に帰ると疲れたのか、ホッとしたのか、翌日はものすごく寝たのを記憶しています。
 だいたいのことは何とかなりますが、やっぱり離乳食時期、食べるものは気を遣うので持参していってよかったと思います。ベビーフードはあんまり使いたくないな・・・と思っていましたが時々利用していたおかげで旅行の時も嫌がることなく食べれたので慣らしておくのも大事なのかなと思いました。
1

上へもどる