カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 車から閉め出されるって・・・(*_*)
事故予防・安全

[3歳]車から閉め出されるって・・・(*_*) [育児の体験談]

234人に読まれました
2015-12-01 17:45
今回の体験談は私が子供に「やられた!!談」を書こうと思います。

長女が三歳、次女が5ヶ月のときでした。
夫の実家から私の実家まで、私一人で運転して行くことが、過去に一度だけありました。

前日に、夫の実家に帰省。色々事情があり、私と長女、次女の3人で、私の実家に帰りました。
ガソリンの残りを確認すると、私の実家までギリギリ行けそうな感じでした。

が、内心はヒヤヒヤ。

高速に乗りましたが、いきなり渋滞・・・(*_*)
空いていれば1時間で着く所、全く動きません。そして、ガソリンメーターも下がります!

ようやく高速から下り、ガソリンスタンドへ一直線です。入ったのはセルフスタンドでした。

そして、ガソリンも満タン!ホッとして、いざ実家へ!!

と思った時に事件は起きました。

  • やられた!!

    渋滞のため自由を奪われていた長女。
    スタンドに入った途端に、チャイルドシートからおりました。そして移動したのは、「運転席」。
    そして、私はおバカなことに、車のキーを抜いてなかったのです(T_T)

    長女がおもむろに、キーを抜き、あろうことかロックボタンを「ピッ」。

    私「... 」

    車の中には5ケ月の次女が眠っていました。

    その後は大慌てです。夫に電話しましたが、もちろんどうにもなるわけではないです。
    頼みの綱はスタンドの店員さん。

    ドアの窓枠から、針金ハンガーで何度もキーをあげようと懸命に開けてくれようとしてますが、あと一歩のところで開きません。

    そして、もう一人の店員さんと私は長女にキーのボタンを押すことを説明します。
    でもことの重要さがわからない長女は、なんとニヤッと笑い運転席から後部座席へ。

    でも私達の必死さが伝わったのか、また運転席に、戻りますが、段々状況がわかってきた長女は、固まってしまったのです。
    こうなると、どうしようもできません。

    何をいっても、聞いてはくれませんでした。
     

みんなへメッセージやアドバイス

結果、店員さんの針金ハンガーでロックは外れました。

時期は3月。
そして、昼間。
たまたま天気も良く暖かった。
5ヶ月の次女は目も覚めず。

ラッキーでした。

これに関しては、私が100%悪い。長女を叱ることはありませんし、沢山謝りました。

その後、私は絶対に車のキーは抜いて、降りることに、専念したのです。

皆さんも車のキーの確認をして、降りましょう!
1

妊娠3歳前後の体験談

事故予防・安全の関連カテゴリ

上へもどる