カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後6ヶ月 >
  4. かつおの子育て日記☆~ベビーサインは効果アリ!~
生後6ヶ月

[0歳6ヶ月]かつおの子育て日記☆~ベビーサインは効果アリ!~ [育児の体験談]

1865人に読まれました
2015-12-01 14:48
現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子のママとして奮闘中のかつおです。長女がまだベビーだったころ、「ベビーサイン」を経験したことについて書いてみます。

  • パパからのプレゼント

    長女が生後6か月になる頃、仕事から帰ってきたパパから紙袋を渡されました。
    「え?なになに?」パパは、「プレゼントだよ」と言いました。

    袋を開けてみると、中には一冊の分厚い本!
    「ん?ベビーサイン?」
    本のタイトルは「ベビーサイン」と書いてありました。
    パパは、職場の人からベビーサインのことを聞いたらしく、さっそくわが家でもやろう!と思って本を買ってきたみたいです。
    こういうことでも、育児、家族に関心を持ってくれているんだなあと感じれて嬉しいものですね。

  • ベビーサインってなんだ?

    パパが本を買ってきてくれるまで、ベビーサインというものを知りませんでした。ベビーサインは、まだ言葉が話せないうちから、ジェスチャーを通じて赤ちゃんと会話をするというもので、手話に近いかんじです。

    言葉がうまく出ない赤ちゃんが、気持ちをジェスチャーで伝えることができるようになるので、コミュニケーションが取れて育児もラクになるのだとか。

    生後6か月、まだまだ言葉なんて!ジェスチャーすらわからない頃ですが、ママやパパの言葉はしっかりと聞いているのだというので、さっそく始めることにしました。

  • 「おいしいね」と「おむつ」ができて感動!

    ごはんを食べて「おいしいね」と表現するのは、手で頬をポンポンと触るジェスチャーです。ごはんの時には、いつもお口に入れたあとにこのサインをやって見せました。長女の手を頬に持っていき、サインを体で覚えるようにもしました。

    おむつを替える時にもサインがあります。おしりを両手でポンポンと叩くジェスチャーです。
    このサインをしながら「おむつキレイキレイしようね」と話しかけました。

    8か月の頃には、「おいしいね」のベビーサインができるようになっていました!そして、おむつは1歳すぎには完璧にマスター!
    おしっこが出ると、おしりをポンポンと叩いて教えてくれるようになったのです!

    言葉ははなせないけれど、しっかり自分の意思を伝えてくれているんですね!ベビーサインがとても身になりました!

みんなへメッセージやアドバイス

いくつかのベビーサインを覚えて、表現できるようになりました。長い人生の中で、言葉が話せない期間は短くて、すぐに言葉を覚えるものですが、育児中は言葉を話すまでがすごく遠く感じます。ベビーサインを通じて赤ちゃんとコミュニケーションがとれるのはとても楽しいです!ぜひベビーサイン取り入れてみてくださいね!
1

生後6ヶ月の人気体験談ランキング

上へもどる