カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 我が家の3人のこどもは頭縫いました
ケガ・応急処置

[5歳]我が家の3人のこどもは頭縫いました [育児の体験談]

578人に読まれました
2015-12-02 20:22
我が家の子供三人は、それぞれ頭や口を切り外科で縫っています。

その中でも一番印象に残っているのが、長女が年中さんの時でした。

次女と円形の座卓で、人形劇をして遊んでいたときに、起こったのです。(写真がいわくのテーブル。次女が寝てますが)

何かの拍子に長女が転び、座卓の角に後頭部をぶつけ・・・。
大泣きでした。

遊んでいればケガは付き物です。

「痛いかったね。次からは気を付けて遊ぼ・・・

「うね。」まで言おうとしたしたその時です。ふと見ると私のてのひらに、ベットリと血液が!!

声が「うぁ!」と出て、内心焦ったのですが、子供が、目の前にいます。そうでなくても、緊迫状態。

不安がらせてしまうのでどこから出血してしているのかを、すぐに確認し、後頭部だとわかりました。

その日は日曜日でした。夫も休みでしたので、すぐに休日診療所へ。
ケガしたところをハンカチで押さえ、急いで向かいました。

その日も病院は混んでいましたが、外科はすぐに呼ばれ先生が長女の頭を見るなり、

「縫ったほうがいいね。」

と即決。

  • まさかの立ち会い!!

    まずは、痛いので局部麻酔をします。
    切れている皮膚に徐に先生は注射器をさしました。

    私 「・・・・!!!」

    ここまでのことを、私は知らされていません。
    医療従事したことがあるかたなら、少しは想像もついたかもしれませんが、突然それは始まりました。
    私は言葉も出ませんでした。

    長女はその注射の痛さ、そして私に乗っかられていることで、大泣きもいいところ。

    こちらも、長女が動いては危ないので必死でしたが、
    大泣きしている長女を目の前に、私も泣きそうになりました。

    看護師さん二人と私、そして先生が力を合わせ、長女の頭の縫合は無事終了。

    休日病院なので、翌日にすぐ紹介してもらった形成外科の先生にみてもらうと、

    「上手な先生に縫ってもらい良かったね!」と言ってくれ、女の子なのでホットしました。

みんなへメッセージやアドバイス

それにしても、目の前で縫合するところを見るとは思いませんでした。

夫がもし、立ち会っていたらおそらく貧血で倒れていたでしょう。こういうことは苦手なんですよね~。

下二人も、縫合したのですが、診療時間内でしたので、私が立ち会うことはありませんでした。

でも、泣き叫ぶ声を待合室で待っているのは辛いものでした。

気を付けていても、どうしようもないこともありますよね。

円卓は処分しました。
1

妊娠5歳前後の体験談

上へもどる