カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. パパの育児 >
  4. パパが育児に目覚めたきっかけ
パパの育児

[0歳2ヶ月]パパが育児に目覚めたきっかけ [育児の体験談]

324人に読まれました
2015-12-01 23:20
男性は女性と違って痛い思いをして出産することがありません。そのためか、なかなか「お父さんになる」っといった実感がもてないと聞いたことがあります。今回は私の主人がすすんで育児をするようになったタイミングについてお話します。

妊活して4ヶ月目であかちゃんを授かりました。夫婦そろってそれはもう大喜び。ドラマだったら・・・夫が妻のお腹に触れたり、話しかけたりといった微笑ましいシーンがあるかと思います。私もそれを期待していたのですが・・・実際は全然でした。促さないとお腹に触れないし、話しかけてもくれません。胎動を感じで主人の手をお腹に持っていき、主人がはじめて胎動を感じたときの感想は・・・「うわ!こわっ」でした。現実はこんなものかと、子どもが宿って実はそんなに嬉しくなかったのかと不安になりました。出産は立会で行い、一生懸命はげましてくれて39時間という長い長いお産をずっと一緒に闘ってくれた主人。あかちゃんが生まれた時は本当に嬉しそうにしてくれました。やっと、実感持てたのかな?と思いきや・・・どこかまだ実感がもてていないようで。はじめての育児なこともあり、不安もたくさんあったのかもしれません。やっとすすんであかちゃんに触れるようになったのは2ヶ月頃でした。あかちゃんがあやすと笑う、おしゃべりをしてくれるようになってからです。主人に話を聞くと、あかちゃんとどう接していいのか、どうお世話したらいいのか・・・よくわからなかったみたい。新生児期は首も不安定で不器用な主人は抱っこが本当にへたくそで。助産師さんも苦笑いするくらい。2ヶ月に入れると、首もだいぶしっかりしてきて、表情もでてきて、我が子は約6キロまで大きく育っていたので抱っこもしやすくなったとのことでした。重いけれど!!!あと、私がイライラしてしまうことを防止したかったようです(笑)どんな理由であれ、すすんで我が子をあやしたり寝かしつけたりしてくれる主人に感謝です。やっと父親らしくなったかなと私も嬉しく思う今日この頃・・・でした。

みんなへメッセージやアドバイス

育児って本当に大変ですよね。あかちゃんはかわいい!そのとおり。でもそれだけじゃないんですよね・・・。産後、ママの体は不安定ですしね!少しでもはやくパートナーの協力が得られると心強いと思います。はじめは非協力的でも、促してなれさせていけば時期にすすんで面倒をみてくれると思います。育児は夫婦二人でするもの!そのとおり。しかし、旦那さんはお仕事で大変ですし、なかなか2人でっていうのが難しい現状がありますよね。時間を見つけて、お互いに助け合う感じで育児をしていけたらベストなのかなあと思います。
2

上へもどる