カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. パニック障害と妊娠
トラブル

[5w]パニック障害と妊娠 [妊娠・出産の体験談]

1338人に読まれました
2015-07-05 23:04
突然不安に襲われて動悸、息切れ、吐き気などの症状が出る現代病の1つとされている
パニック障害。
パニック障害の患者はSSRIという薬を飲んで、病気に対応していく事が多い。
私ももちろんずっと飲んでいます。
そんな私も妊娠した時の断薬体験を書いていこうと思います。
  • 突然の妊娠と薬、そして震災。

    私は、現在パニック障害歴16年の2児の母です。
    1人目を妊娠した時、私は過去でも最も体調の悪い時期でした。
    もちろん薬もたくさん飲んでいましたし
    妊娠の事を母に話した時には、当たり前のように反対されましたが
    結婚半年の私たち夫婦は、産む事を決めました。

    そこで1番大変だったのがSSRIの断薬です。
    断薬・離脱症状が強い為、医師の判断なしでは止めてはいけない薬でした。
    断薬症状の中でも特に強い症状が、「シャンビリ」とも呼ばれている
    「耳鳴りがシャンシャン鳴って、手足がビリビリ痺れる」という症状でした。
    それまでにも調子が良く、減薬した時には
    「シャンビリ」が出るので、その事で体調も悪くなっていました。
    しかしこのSSRIという薬は妊娠時に服用すると
    奇形児が生まれる可能性がある薬でもあるのです。
    私も医師に妊娠の報告をすると、断薬するよう言われました。

    断薬してからは悪阻と断薬症状で、ほとんど家から出れなかった事を覚えています。
    ホルモンの関係で、自律神経も不安定なのでとにかく毎日辛かったです。

    そんな時に東日本大震災がありました。
    東京都内のマンションに住んでいたので震度5弱。
    7階だったので家具が壊れたりしたり、エレベータが止まったり。
    健康な人でも不安定になってる人もいましたが、私は気が狂ってしまいそうになり
    医師に相談しました。
    その結果、実家(関東近郊)の近くに引っ越し母体の安定を考え
    1錠だけを飲むよう言われました。

    結局、臨月間近まで1日1錠を飲んで過ごしました。

  • 出産と産後、現在。

    臨月に入り、体調も安定してたので少しずつ薬をやめていきました。
    もちろん断薬症状はありましたが、その時はやめられました。

    そして出産。
    微弱陣痛で促進剤を使っての出産となりましたが
    自然分娩で元気な女の子を出産しました。

    薬もやめていたので「出産時パニック発作が起こってしまったら」
    という不安もありましたが、陣痛の痛さのせいか
    そんな事を考えている余裕はありませんでした。


    そして産後、ホルモンバランスが乱れ体調が悪くなる時期もありましたが
    漢方だけで2年間半過ごしました。


    2年後、早産ではありましたが2人目を出産。
    現在長女3歳半、長男1歳半になりました。

    長男を出産してから、再び体調を崩してしまい1年ほどまえからSSRIを服用中です。
    新薬で断薬症状はそれほどないですが、出来るだけ早くやめたいと思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

私と同じようにパニック障害で子供を産めるか、育てる事が出来るか、と悩んでいる人がいる事かと思います。
私はパニック障害でまともな職にも就けず、子供が生まれるまでは
まさに廃人のような生活をしていました。
それでも薬を減らし、子供を産み、毎日育児と闘う事が出来ます。
正確に言えば、出来るようになりました。
子供が私を変えてくれたんだと思います。
守るものがいると、人は変われるという事を出産を通じて感じました。

薬をやめるのは本当に大変な事でしたが
それ以上に日々子供が私に与えてくれるものは、私を成長させてくれます。
パニック障害でも出産を考えてる人、是非勇気を出してみてください。

2

妊娠5w前後の体験談

上へもどる