カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 看護婦さんのおかげで気づいた、B群溶連菌!!
出産

[40w]看護婦さんのおかげで気づいた、B群溶連菌!! [妊娠・出産の体験談]

2283人に読まれました
2015-12-02 05:07
出産して2日目に、たまたま授乳室で授乳してる時に看護婦さんが来て気が付いたチアノーゼ。20歳の私は、赤ちゃんをだっこするのが初めてで、自分の子供なのに緊張して、全然気が付いてなかった。。。
  • ~検査~

    夜中の授乳のときに、泣いたらうるさいかな?と思って授乳室に授乳しに行った私。
    授乳してから看護婦さんが授乳室にたまたま入ってきた。
    しばらく経つと「ちょっと赤ちゃん貸して!チアノーゼだね!」って看護婦さんに言われ、すぐに赤ちゃんを看護婦さんに託した私。
    背中をさすってくれて、息を吹き返した娘。
    「お母さん疲れてると思うし、今日はこっちであずかってるね。小児科の先生と相談して、あとで連絡するから」
    と伝えられ、何が起きたかわからないまま部屋へ戻る私。動揺して、夫にもメールして伝えたら、夫も動揺したらしく、しばらく、夫の父親が眠る仏壇に話しかけていたらしい。

    次の日の朝、あれからずっと保育器で様子見てること。
    血液検査をしたら炎症の数値が高かったからとりあえず抗生物質を点滴してること。検査結果はまだ時間がかかること。
    母乳は直接授乳できないから、搾乳して持ってくことになった。
    とりあえず一緒に退院は無理な事。
    あの時は、全然状況が解らなかった。ってゆうより呑み込めなかった。

  • B群溶連菌

    後日解った結果はB群溶連菌。
    妊娠前に検査もしたけれど、感染する事がある。って教えて貰った。
    その後、呼吸も心拍数も安定して無事、生まれてから14日くらいで退院できた☆

みんなへメッセージやアドバイス

初めての出産で何かトラブルがあったら、私の場合は本当に状況が呑み込めませんでした。
健康に気を付けて生活する事の大切さが改めてわかりました。
3

妊娠40w前後の体験談

上へもどる