カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. まさか自分が!妊娠初期での切迫流産
トラブル

[7w]まさか自分が!妊娠初期での切迫流産 [妊娠・出産の体験談]

819人に読まれました
2015-12-02 13:37
結婚して1年と半年、待望の妊娠が分かりとても嬉しかった最中の出来事です。

当時は仕事もしていたので、仕事をしながら、これまでと変わらない生活をしていました。
変わらない生活といっても、今思えば結構アクティブに動きすぎていたかな、、という気もします。

妊娠7週になった頃の週末、その日は美容院へ行き(3時間コースにデトックスヘッドスパまでしてしまった)、その後少し疲れてはいたけど美容院の近くにできたカフェへ行き生野菜のランチをたらふく食べました。

その日の夜、トイレへ行くとティッシュにとても薄いピンク色の血が少量。。
少し不安になりましたが、まさか自分が!という思いと、とても少量だから大丈夫だろう、もう少し様子を見ようという思いになり、心配もかけたくないので主人にも言いませんでした。
その日はなんとなく下腹部が重いな、と感じながらも就寝。

翌日朝から家事をして、洗濯物を干していると、これまで感じた事の無い響くような痛みが下腹部にズキンズキンと走りました。
立っていられなくなり、そのまま洗濯干しを中断してベッドへ。

ベッドで横になっていると、どんどん増して行く痛み。
下腹部から肛門にかけてとてつもないズキン!ズキン!という痛みが起こりました。
声も出ない、動けない程の痛みでした。
赤ちゃん大丈夫だろうかという不安と痛みの中で、力を振り絞って病院へ連絡。
日曜日の休診日でしたが、すぐに来てくださいとのことで、すぐに病院へ。。

診断結果は「切迫流産」
その言葉を聞いた時、まさか自分が!流産しちゃうの?とパニックに。
子宮の中で出血していますと言われ、泣きそうに。
しかし先生には落ち着いて「切迫流産は流産の危険性はあるけど、必ず流産するわけではないから安静にして様子を見ましょう」と言われました。

入院か実家で安静との指示でしたので、そのまま実家へ。
2週間は食事、トイレ以外は寝たきりの指示。お風呂も入れずとても辛い日々でした。
これも赤ちゃんのためと思いながらなんとか過ごす日々でした。
もちろん仕事も辞めました。

その後徐々に生活は安静から解放されましたが、今でも慎重に過ごす日々です。

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠初期は、これまでの生活よりすこし大人しめに過ごす事をおすすめします。
また、少しでも出血があったり、下腹部に痛みがある場合はためらわず、すぐに病院へ連絡することも大切だと思います。
2

妊娠7w前後の体験談

上へもどる