カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 2歳 >
  4. 子どもの言葉
2歳

[2歳]子どもの言葉 [育児の体験談]

199人に読まれました
2015-12-02 14:00
子どもに「言葉」を教えるのに、何をやったらいいのか分からなくて悩みますよね。

私は長男も次男も発語が遅めで、特に長男のときは市の「ことば教室」などの相談会に行って相談したこともありました。

長男のときは1歳半検診で保健師さんが言うカードの指差しができず、
「2歳で2語文(「パパ、帰ってきた」)が出てきます」などと書かれていても2歳になっても単語も少ない(「アンパンマン」「かあしゃ(お母さん)」「とおしゃ(お父さん)」ぐらい)だったので、非常に心配しました。

同じ月齢の女の子なんかはよくしゃべっていたので、余計に悩みました(男の子は言葉の発達が遅い傾向にあるそうです)。

だけど焦ってもしかたがない、これから言葉はこの子のペースで増えていくんじゃないかなと前向きに考えて、それまでと同じく絵本を読んだり、生活の中でいろいろなものの名前を教えたり、よく話しかけるように心がけました。

長男は2歳半ほどで「おかあさん、来て」などの2語文を言うようになり、そこからだんだんと言葉が増えて、3歳になってからは「○○ちゃんと○○をして遊んで、お昼は○○を食べたよ。劇の練習したよ。」のように、かなり正確に状況を言えるようになってきました。

小さいうちは絵本を読む、日常生活の中で物の名前をさりげなく教えてあげる、ことが言葉のお勉強になるのではないのでしょうか。

特に子どもが小さいうちは親子のコミュニケーションを楽しむつもりでやっていました。


みんなへメッセージやアドバイス

そんな長男も4歳になり、自分の名前のひらがなが読めるようになってきましたので、これからは「読み・書き」のお勉強を始めなきゃな~とちょっぴり不安な気持ちです。

まあ子どものペースで楽しくやっていけたらいいなと思います。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる