カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻
つわり(悪阻)

[17w]あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻 [妊娠・出産の体験談]

6060人に読まれました
2016-08-04 16:07
過ぎてしまえば、大したことなかったなと。
  • 妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり

    妊娠が発覚してから、徐々に食べ物が食べられなくなり、妊娠2か月で本格的な悪阻が始まりました。

    物が食べられない、体がダルい、家事ができない・・・

    根本的な治療法はなく、医者もネットも雑誌も色々親身にアドバイスを伝えてくれたり慰めてくれたりしましたが、最終的には


    「いつとは言えないが、いつかは絶対終わる」

    「長くても、子どもが生まれれば終わる」


    という言葉で締めくくられます。

    悪阻の時は、

    ”そうらしいけど、今がつらすぎるんだよ~!私のXデーはいつ来るんだよ~!!”

    と嘆いていましたが、妊娠5か月の半ば、その日は突然やってきました。
  • いきなり来た悪阻の終息

    朝起きると、いつもの吐き気がない。

    あれ・・・?

    お腹が空いていたので、ビスケットを食べましたが、しばらくたっても気持ち悪くならない。


    そしてその日以降、ちょこちょこと軽い吐き気はあったものの、「物が食べられないほどの」吐き気が来ることはありませんでした。

    やったー!!!

    悪阻が終わった~~~!!!


    あんなに苦手だった炊き立てご飯もがつがつかきこめるようになり、とても嬉しかったです。
  • すぐに悪阻のつらさを忘れる現金さ(笑)確かに、「終わってしまえば」大したことはない

    悪阻中は、もう死にそう!体重が落ちてる!このままじゃ赤ちゃんが痩せて死んじゃう!
    つらい、つらい、つらい~!!!

    という悲しい気持ちでいっぱいでしたが、終わってしまえば、

    「そんなこともあったなあ~(笑)」と思えるようになりました。

    だからと言って、今も悪阻に苦しんでいる人に「大丈夫!」とは言えませんが。
    あの時は本当につらかった。


    でも、赤ちゃんを産む時にいくら苦しくても、赤ちゃんを見た途端その痛みをばーっ!と忘れて喜んだり、さっそく次の子も産みたい!と思うように。

    悪阻もいくら苦しくても、それが終わった時に赤ちゃんがちゃんとお腹にいてくれたら、
    忘れられるものなんだなあと思いました。

    うーん、母親って単純というか、すごいというか。


    悪阻について

    「いつか終わるよ!」

    という言葉はあまり好きではありませんでしたが、実際に体験すると、確かに「いつか終わるよ!」としか言いようがないよなあ、(-_-;)と感じました。

みんなへメッセージやアドバイス

悪阻が終わった後の、元気にご飯が食べられたときの感動は忘れられません。

「この後吐いちゃうかも・・・」

なんて心配せずに、思うままにおかずとご飯をかきこんだり、炊き立てご飯の匂いを存分に嗅げるって、なんて幸せなことでしょうね。

悪阻が長い人や、妊娠するまで健康だった人ほど、その時の感動は大きいと思います。


本当に本当~に、感動しますよ!


だからその日まで、ママさん、がんばってください!('◇')ゞ
1

妊娠17w前後の体験談

上へもどる