カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 安定期の間にやるべきだったこと!学資保険について
お金・各種制度

[32w]安定期の間にやるべきだったこと!学資保険について [妊娠・出産の体験談]

7811人に読まれました
2017-04-28 15:43
初めての赤ちゃんを授かって、あれもこれも準備しなきゃ!とベビー服、ベビー用品など色々比較検討してようやく購入。マタニティフォトも撮って、旅行にも行って色々やり尽くしたな~!とほっとしていたのもつかの間。妊娠後期になって色々足りなかったと気づくことが多くてびっくり(>Д<;)

安定期の間にやっておけばよかったと感じたことをご紹介します!
  • 保険の見直し(学資保険・生命保険)

    学資保険については、自身の家庭の経済状況や考え方によって最良の保険商品が異なります。単純に返戻率だけで考えても某人気F生命などは満期が遅いので必要なときは手元にお金がなかったり…合う合わないは人それぞれで実際にどの保険商品が我が家にとって最良の選択なのか分かるまで1か月~2か月くらいはかかると思ってスケジュールを組むべきでした。

    ちなみに私が後期になるまで、学資保険について放置していた理由は
    ・縁起でもないけど、お腹の子どもが亡くなってしまったら先に払っている分はどうなるの?
    ・生まれてからでも遅くないって言ってるFPもいる
    ・妊婦健診やベビー用品の購入でいつも以上に毎月お金がかかるのにそれ以外にもかかるなんて家計が苦しい

    などでした。
  • 検討した保険商品の場合

    ・子供が亡くなった場合
    →払った代金全額戻ってきます
    なので、「もしも」を心配しなくても大丈夫でした。

    ・生まれてからでも遅くないって言ってるFPもいる
    →生まれた後、慣れない子育てに忙しくなって疲労困憊している中、保険の知識を身につけて商品の比較検討なんて本当に大変。妊娠後期で時間はあったけど、本当に疲れました。最終的に勢いや営業マンの雰囲気の良さで決めてしまいそう。(大きく損はしないと思いますが、最良かどうかは微妙ですね。)

    ・ただでさえ、健診・ベビー用品でお金がかかっているのに~
    →比較検討は無料です!しかも保険屋さんが家まで来てくれるので、交通費もタダ!むしろ商品券くれたりします。

    安定期の間に比較検討して、9か月の終わり~10か月中ごろまでに契約手続きという流れが理想的。ちなみに我が家は児童手当をあてにしているので、大幅に前のめりに契約はできません。

みんなへメッセージやアドバイス

「知らない」ということは損をするということ。私が退職して切り詰めるようになってから痛感しました。お腹が苦しい9か月~10か月の間に無理して保険商品の比較検討・契約になりそうです。皆さまは余裕のあるスケジュールで保険の検討をしてくださいね♪
1

妊娠32w前後の体験談

上へもどる