カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 3歳以上 >
  4. 食べ物のトラウマ
3歳以上

[3歳]食べ物のトラウマ [育児の体験談]

400人に読まれました
2015-12-02 21:06
私はもともと、食が細く、好き嫌いだらけだった小学生でした。
その小学一年生の給食の時間に、嫌な出来事が起こって以来、元があまり食べられなかったことに加え、更に給食が喉を通らなくなりました。

今では子供の通っている、学校の給食試食会には参加できるようになりましたが、初めて参加した時は、気づけば体がこわばっていましたね~。それほど、トラウマというものは、後々にまで影響するんですよね。

実は、我が家の次女は、サクランボのトラウマあります。

それは次女が3歳半の時に、家族でさくらんぼ狩りに行きました。
私も夫も初めて、もちろん子供たちも初めてのさくらんぼ狩り♪
心躍らせ出かけていきました。

上の写真を見る限り、とても楽しそうにさくらんぼ狩りに行っているように見えますよね。

サクランボを満足できるほど、食べ終わり、お昼ご飯を食べに行きました。

すると夫がまず、お腹が痛い、と言い始めトイレから出てきません。

サクランボは虫がつきやすいので、農薬がかなり使われているとよく聞きます。
家で食べる場合は、量も少ないし、洗って食べたりします。
ところが、フルーツ狩りの時は、そんなことしませんよね~(^^:
夫はそれが原因でした。

次女は、昼ごはんもよく食べていまし、特に変わった様子もなかったのです。

ところが、家の駐車場に着き、さぁ、降りよう!と準備をしていると・・・。
次女がその場で吐いてしました。
始めは、車酔いかと思いましたが、その後、嘔吐が止まらず・・・。

翌日に病院に連れていくと、

「サクランボが原因ではないよ。もしサクランボならまずお腹に来るからね。」

と先生は言いました。


みんなへメッセージやアドバイス

それからです。
翌年、さくらんぼの季節になり、出してみると次女だけ食べませんでした。
アメリカンチェリーは食べていました。

そしてまた、その翌年、完全にさくらんぼは食べなくなりました。
外食した時に、プリンなどを頼むとついてくるさくらんぼも、受付なくなり・・・。

次女に聞くと、やはりさくらんぼ狩りのあとの嘔吐が原因でした。
ふたりの兄弟は、次女が食べない分、さくらんぼが回ってくるので、よろこんでいますが・・・(^^)

そんな次女のさくらんぼにまつわる体験でした。
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる