カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 大流行!RSウイルスにご注意。
病気と症状

[0歳4ヶ月]大流行!RSウイルスにご注意。 [育児の体験談]

3583人に読まれました
2016-12-06 16:47
今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でした。
今回はRSウイルスについて、そしてその経験談についてお話します。
  • RSウイルスとは

    RSとは「呼吸器合胞体」という意味です。
    生後1歳までに半数、2歳までにほぼ全てのこどもが感染すると言われています。

    症状としては発熱や鼻水などの風邪様の症状ですが、重症化すると咳がひどくなり、細気管支炎や肺炎を引き起こすことがあります。

    また、重篤な合併症としては急性脳症、無呼吸発作があります。7割は軽い症状で済みますが、3割は重症化するといわれており、とくに3ヶ月以内の乳児は重症化しやすいようです。
  • RSウイルス感染の驚異~姉家族大騒動~

    最初に不調を訴えたので姉の旦那さんでした。旦那さんの症状はいわゆる風邪。

    そして、旦那さんが回復したころに更なる悲劇が。姉の長女のMちゃん(3歳)が保育園バスからから降りて帰ってくるなり「ママ・・・熱があるから病院に行きたい」と自己申告。
    自ら病院に行きたいというなんて・・と驚いた姉はすぐ体温計で確認。すると・・・38.7度の高熱。

    すぐ病院に行き、薬をのませると次の日には36度に。一安心したのも束の間、また38度まであがり・・・数日後、次女のSちゃん(1歳)が40度の高熱。なんと二人共肺炎になってしまいました。

    毎日受診し、完全に熱が下がったのは二人共1週間後。そして・・・ついに最悪の自体。一番きをつけていた長男(4ヶ月)に風邪症状が。咳がひどく、痰も絡みついに発熱。気管支炎を発症し1週間入院することになりました。

    そしてそしてまだ続きます・・・なんと、祖母、姉義両親にまで感染が拡大し、祖母は肺炎を引き起こして入院。姉以外全員に感染したようです。RSウイルス恐ろしや!!

みんなへメッセージやアドバイス

今年大流行のRSウイルスにご注意してください。とくに、保育園に通うお子さんがいて、乳児・高齢者がいるご家庭は手洗い、アルコール消毒、マスクなど風邪対策に努めましょう!家族全員に感染すると本当に大変です。
1

上へもどる