カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 医療費控除のために領収書をためておきましょう。妊娠・出産費用
お金・各種制度

[10w]医療費控除のために領収書をためておきましょう。妊娠・出産費用 [妊娠・出産の体験談]

2169人に読まれました
2016-02-17 12:59
人生設計をしたところでその予定通りに妊娠できるとは限らないですよね。
年間10万円を超えると医療費控除が受けれますが健康体の夫婦であればなかなか年間10万円超えるってことないと思います。
でも妊娠・出産になると確実に超えますよね。補助金がでても絶対超える金額になってしまうと思います。そんなときのためにいつでも医療費の領収書をためておきましょう。
  • 医療費控除の対象の領収書

    10万円超えず無駄になってしまう年が多いかもしれませんがいつ妊娠するか、また出産がいつになるかでいつの領収書が必要になるか分かりません。
    そのため面倒かもしれませんがご主人、お子さんがかかった医療費の領収書、病院までのバス代、タクシーの領収書、薬局で購入した薬の領収書。全てが対象となりますのでもれなく保管する癖付けをしておきましょう。
  • 出産育児一時金だけじゃ足りない

    年度代わりに申請書を作成して税務署に行ってと面倒な手続きと感じるかもしれませんがもらえるものをもらわないほど勿体ない事はありません。

    妊娠・出産になると補助金の制度は誰もが知っていて病院からも知らせてくれる事がほとんどですが、医療費控除については自分で行わないと誰も教えてくれません。
    まして土日祝の休日に入院・退院するだけでプラス料金がかかる病院が多いですし、帝王切開になると入院日も長くなりますし補助金制度があったとしても意外と費用がかさむものです。

みんなへメッセージやアドバイス

申請なんて面倒くさい、どうせ戻ってくるお金なんてスズメの涙ほど、などと馬鹿にしてはいけません。積極的に自分のためになるものですから国の制度をもれなく利用してみてはいかがでしょうか。
1

妊娠10w前後の体験談

上へもどる