カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 娘の入院
病気と症状

[0歳0ヶ月]娘の入院 [育児の体験談]

631人に読まれました
2015-07-06 21:54
産まれてから退院するまでの間に、私がオムツを替えていると片側の両手両足だけ痙攣のようにぴくついた娘。
初めての出産だったから赤ちゃんの正常なうごきかおかしいのかわからなかったけど、とりあえず看護師さんに伝えた。
そして主人が会いにきてくれたときに再び同じ側の両手両足をぴくつかせた。そのときにはたまたま小児科の先生や看護師さんたちもいたのでみんなが目撃して、とりあえず検査のために大きな病院へ搬送。
次の日親子で退院すると思っていた私はパニック。私だけ入院しててもしかたないので、私は健康体だったので一日繰り上げて退院させてもらいました。

私が病院につくといろんな管をつけられていた娘。本人はあまり痛いとかは無いみたいだけど見た目はとっても痛々しい(>_<)

そして点滴を打たれすぎてかわいそうに手首にもぽっこりおできみたいになっていて、それがまたまた痛々しい。
産まれたての娘が保育器に入れられて管だらけだから簡単にだっこもできず本当につらかったです。

MRIとかを受けた結果小さな脳梗塞を起こしていたみたいでした。
MRIとか脳梗塞って聞くだけど私は大パニックでした。
でも赤ちゃんの脳はまだ何もできていない状態なので、大人の脳梗塞みたいに後遺症が残ったりする可能性は少ないらしい。脳梗塞ができてたらそこを避けて別の部分でいろんなことができるようになっていくらしい。

人の脳って本当にすごい。

念のため2週間ほど入院して薬を投与したけどもその間痙攣はまったく無く、退院後ももしも後遺症がでたらだめなので定期的に発育を見て言ってくれるとのこと。

それから1年ぐらいは数カ月おきに見てもらいに行ったけど、心配する母を安心させるためか、寝返りも、はいはいも、歩き始めるのも、しゃべり始めるのも普通よりちょっと早いぐらいに成長してくれた娘。
1歳ぐらいのときにもう大丈夫でしょうとの言葉をいただき一安心でした。

娘ももう1歳半、びっくりするぐらいおてんばでよくしゃべります。後遺症はなさそうで本当に安心しました。
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる