カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後1ヶ月 >
  4. 3人目を出産して思う【あってよかったベビーアイテム ベスト5】
生後1ヶ月

[0歳1ヶ月]3人目を出産して思う【あってよかったベビーアイテム ベスト5】 [育児の体験談]

5511人に読まれました
2016-03-31 18:05
今秋、3男を出産しました。上のお兄ちゃんたちは6歳、5歳の年子ちゃん。
毎日育児に奮闘している中で、「3人産んだけど、これはやっぱりあって良かったな」というものをまとめてみました。
  • ベビーベッド

    これは皆さん当たり前!って思っていらっしゃるかもしれませんね。
    一人目の産んですぐの時はあまり必要性を感じていませんでした。
    だって動かないし、危ないものはないですもの(笑)
     
    しかし動き出すと目を離すときには絶対必要になりますし、2人目、3人目が産まれた時は、踏み潰される危険性が大いにあります。
    そんな時にはやはりベビーベッドが一番助かりますよね。

    でも少し大きくなると、自分で登ってしまうお子さんもみえるようです。
    ちなみに、先日うちの長男が、ベビーベッドの下にある物い入れの柵のロックに指を挟んでいました…。

    使用する側も中に入れられる側も、使用には充分気をつけましょう。
  • スリーパー

    長男の出産時から今も子供全員が活用しています。
    サイズはいろいろありますが、小さいサイズでも数年は使用できると思います。

    新生児には冬でもモコモコ素材はきせず、タオル生地などのスリーパーを使用しています。
    小さい子供は体温が高いので、暖房、お洋服、毛布、布団、更にはゆたんぽと、暖めすぎる
    とかえって厚くなってしまうからです。

    もちろん調整すれば問題はありませんが、お洗濯してもタオル生地などはすぐに乾くので愛用しています。

    ちなみに、小さいうちは前開きボタンがお勧めです。チャック式のものもありますが、チャック部分にお口があたったりして危険です。チャック式のものは、上の子供に使用しています。
  • ウォーターサーバー

    少し前までは病院などに多かったウォーターサーバーも、現代では一般の家庭でもよく使用されています。
    うちではクリクラを使用しています。クリクラは他社と違って自然水ではない軟水ですが、栄養価も高くミルク作りには適しているそうです。
    個人的に、ミルク離れするときには解約しようかなと考えているので、解約金のないクリクラを選びました。

    私は上の子もミルクで育ててきましたが、電気ポットや保温ポット、ティファールを使用していました。
    しかし、今回このクリクラを使ってから「なんて楽なんだろう!」と感激しています。
    白湯を作り置きしなくても水もでるし、85度のお湯は常にあるので、夜中のミルクもすぐにつくれます。

    持ち歩くお湯も白湯も準備しなくて良いので楽チンです。

    電気代を心配していましたが、結局ポットでも電気代はかかるし、使用して数百円あがった程度でしたので今も継続しています。
  • 座椅子

    よく「出産で痔になったから、ドーナツクッションが便利」とききますが、私の場合は痔にならなかったので、逆に背もたれのついた座椅子が便利でした。
    出産後、腰痛がひどく、特に授乳時に下を向いている体制が多いので、背中の真ん中の筋肉?も痛くて授乳時間が苦難でした。

    そこで、たまたまあった、カチカチっと背もたれをリクライニングする小さめの座椅子を使用してみると、とても腰が楽になりました。
    授乳時だけでなく普通に座っているときも背もたれがあるととても楽です。

    出産後の腰痛は3ヵ月経った今も続いていますが、産前の体系を保つため骨盤ベルトやショーツもかかせないアイテムです。
  • 大判のバスタオル

    小さい子供がいると、タオルってたくさんあっても困りませんよね。
    1人目の生後、ベビーベッドに防水マットを敷き、その上にシーツをかけて寝かせていました。

    長男はほんっとによく吐く子で、ミルクを飲むたびに吐いては着替え、シーツをかえて…と、何度も何度もお洗濯をしていました。

    2人目はあまり吐かない子で、汚してお着替えなんて1,2回くらいあったかなかったか位ではないでしょうか。
    しかし、次男は新生児の頃から足の強い子で、2ヶ月の頃にはベッドの上まであがっていました。
    その強い足のせいか、オムツがずれることが多くシーツをよく汚しました。
    そしてこの時から、シーツの替えに大判のバスタオルを敷くようになりました。お祝い等でいただくブランド物のタオルが意外と最適なサイズです。
    普通のバスタオルではベビー布団のサイズかつかつのサイズなので、「大きめのバスタオル」が良いです。
     
    お出かけ用に車にも2枚ほど常備しています。車内でのオムツ替えや布団代わり、上の子の上着代わりなど、タオルの活躍は子供が成長しても幅広く在りますよ。

みんなへメッセージやアドバイス

いかがでしたでしょうか。
上に挙げたものは、あくまでも私の場合ですので、おうちの環境や人員などによっても異なると思いますが、これから育児をされる方々の参考になればうれしいです^^
2
上へもどる