カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 27歳 初産③赤ちゃんがなかなか下がらない!陣痛ピーク
出産

[39w]27歳 初産③赤ちゃんがなかなか下がらない!陣痛ピーク [妊娠・出産の体験談]

3257人に読まれました
2016-02-05 15:47
夫の帰宅後、陣痛はどんどん強くなってきました。
  • 痛みを我慢。まだ大丈夫

    ソフロロジーの呼吸法、腹式呼吸をしながら痛みを我慢。
    助産師さんのアドバイスで湯たんぽで腰を温め、テニスボールで背中や腰を押してみたり。

    この頃はまだ声を出さず、一人で対処できる程度。
    助産師さんも「このくらいになるとみんな泣き叫ぶよ。一人で頑張ってえらいよー」と言ってくれ、励まされました。
  • ナースコール連打

    でも夜中の3時くらいがピークで、痛さをどうしていけばいいのか分からず少しパニックに。
    「どうしたらいいか分からない!」とナースコールで助産師さんを呼んでは腰をさすってもらい、痛みを逃す。
    少し経ったらまたナースコールで呼び、さすってもらう。
    これを繰り返し…
    でも嫌な顔ひとつせず付き添ってくれた助産師さんでした。

    何度も呼んでしまったのは、一人で居るのが怖かった、というのもありました。
    誰かが側に居てくれるだけで安心感もあるし、少し平静になれる気がしました。
  • 陣痛室兼分娩室へ

    「旦那さんに来てもらって頑張ってる姿見てもらおう!安心できるし!」
    と助産師さんが提案してくれ、入院部屋から陣痛室兼分娩室へ移動したところで夫が到着。
    正直、夫が来たところで何も……という感じだったんですが、普段はドライな夫が意外にも一生懸命腰をさすってくれて、本当に助かりました。

    この頃にはもう「痛い痛い痛いーーさすってー!」と叫ばずにはいられませんでした。
  • 赤ちゃんが下がってこない…

    陣痛の間隔は短くなったものの、赤ちゃんがなかなか下がらず。
    当初の助産師さんの「明け方には産まれる」という見解は外れ、7時半に夫は一度出社することになりました。

    「半日だけでもお休み取れない?抜け出せない?」
    と一生懸命に夫に言ってくれて、かなり立会い出産推奨の助産師さんだったようです。

    11時くらいに一度寄れる、という夫に対して「それじゃもう産まれてるよ」と言っていましたが…

みんなへメッセージやアドバイス

まだまだ産まれません。
2

妊娠39w前後の体験談

上へもどる