カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 妊娠6週で生理2日目のような出血…安静後、無事心拍確認
トラブル

[6w]妊娠6週で生理2日目のような出血…安静後、無事心拍確認 [妊娠・出産の体験談]

3362人に読まれました
2016-03-16 14:54
妊娠6週で産婦人科を受診。その時は胎嚢は確認できたものの、心拍は見えませんでした。
  • 生理2日目のような出血

    そして受診した次の日、仕事中に生理2日目のような出血が…。
    何が起きたのはわからずパニックになってしまい、上司の前で思わず泣いてしまいました。事落ち着いてから病院へ。

    医師から告げられたのは「まだ心拍も確認できてないし、出血も多いしだめかもしれないね」という一言。
    ショックすぎて、その場では涙も出ませんでした。そして、医師から告げられた「絶対安静」。
    職場に無理をいって休みをもらい、実家へ帰り食事、トイレ、お風呂以外はずっと寝ている生活が始まりました。
    横向きになるだけでも負担がかかるということで、ずっと仰向けでの姿勢。横向きになれないため、テレビも見られない、本もずっとは読めない、昼間寝てしまうと夜が眠れない、と大変なことはいろいろありましたが、何よりもおなかの赤ちゃんが無事に成長できているのかが心配でした。

    じっとしていても止まらない少量の出血。祈るような思いで一日一日を過ごしていました。
  • エコーで初めて心拍を確認

    そして、安静を言い渡されてから1週間後再び受診。
    またその時には、薄茶色のおりものという出血は続いていました。
    お守りを握りしめて、じっと待っていた待合室でのことを、今でもはっきり覚えています。

    エコーで赤ちゃんの様子を知りたい、でも知りたくない、複雑な気持ちで受けたエコー検査で、待望の心拍が見えたのです。
    ほんの小さな、チカチカした動き。その時の私には、何よりもきれいな光に見えました。

    まだ出血があるため、その後も再び自宅安静。そして2週間後、出血の兆候もなくなったということで、待望の母子手帳を手にすることができました。

    あの時、おなかの中でがんばってくれていた小さな命。
    今では1歳になって、元気いっぱい笑顔を見せてくれています。

みんなへメッセージやアドバイス

切迫流産、切迫早産の診断がついたとき、お医者さんからの指示をきちんと受けたあとは、母親にできるのはおなかの赤ちゃんの力を信じてあげることだと思います。安静中は大変なことも多いですが、天使の笑顔をみると大変だったこともいい思い出になりますよ。
4

妊娠6w前後の体験談

上へもどる