カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 娘が気に入ってくれた身近なもので作る手作りのおもちゃ
遊び・あやし

[0歳6ヶ月]娘が気に入ってくれた身近なもので作る手作りのおもちゃ [育児の体験談]

1536人に読まれました
2016-02-08 23:43
手作りのおもちゃといっても、全く手の込んでるものではありません。使い終わった容器などに少しだけ手を加えただけのものです。
娘は、あまり既存のおもちゃに興味を示してくれませんでした。むしろ、私たちの普段使っているものが気になって仕方ありません。
特に娘が気に入ったものをご紹介します。
  • ペットボトルマラカス

    その名の通り、ペットボトルで作ったマラカスです。350mlの空のペットボトルの容器に、千切れてしまったブレスレットのパーツを入れたものです。
    お出かけのときに、飲んでいたペットボトルで遊んでいておとなしくしてくれていたので、おもちゃにしたら喜ぶかなと思って作ってみました。
    最初はただなめたり持ったりしているだけでしたが、今は振って音を出して遊んでくれるようになりました。
  • プラスチックのふた

    もうこれは・・・なんて名前をつけたらいいかわからないくらい、私たち大人は使い道ありませんが。
    スーパーやコンビニに売っている、コーヒー飲料の容器のふたに、なめても唇が怪我しないようにマスキングテープを貼ったものです。
    口に入れやすい薄さと、なめたときの感触がいいみたいです。スリムな容器のタイプのものより、容量の多いほうの容器のふたのほうが大きさがちょうどいいようです。
    たたくと以外にいい音がします。
  • おしりふき太鼓

    手作りのおもちゃではありませんが、用途とは別に遊びに使えたものです。
    おしりふきのウェットティッシュが入っている容器を逆さまにして、広い面を太鼓のようにたたいて遊びます。本当にいい音がでます。
    中のウェットティッシュの量が変わると音の高低が変わります。多いと鈍く高い音、少ないと響く低めの音が出ます。

みんなへメッセージやアドバイス

身近なものでも十分遊べます。もっと大きくなれば、一緒に考えて作る楽しさもあるでしょうね。
0

上へもどる