カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. グズグズ苦しそう…赤ちゃんの鼻づまり、必死の吸引!
ホームケア

[0歳2ヶ月]グズグズ苦しそう…赤ちゃんの鼻づまり、必死の吸引! [育児の体験談]

609人に読まれました
2015-12-08 11:02
生まれてまもなく、興奮すると鼻が豚みたいにフガフガ鳴っていたうちの息子。
はじめは個性だと思ってかわいいかわいいと言っていたものの、生後1カ月ごろになるとより鼻鳴りが目立つように。
授乳中にフゴフゴ鳴らしたり、寝かしつけ中に鳴らしたりと、これは鼻づまりでは?と心配になりました。

それまでも何度か口での鼻水吸引は試みたものの、一度も吸えたことはなく、むしろ鼻通りはいい方だったので、今回もかな?と思ってやってみると案の定鼻通りスッキリ。

鼻くそは多いほうだったのでこまめに赤ちゃん綿棒で除去してたし、もしかしたら目で見えないほど奥の方で詰まっているのかも?と、市販の鼻水吸引器を購入。
早速鼻に突っ込んで吸ってみますが、全く吸えず…。
それでも鼻のフガフガフゴフゴはなくなりません。

そのうちたまーにトロッとした鼻水が垂れるようになり、調べたところウイルスや細菌の死骸の混ざった鼻水であることがわかり、これは風邪だ!と耳鼻咽喉科へ。

しかし、そこで専用の機材で吸引してもらっても、なぜかほとんど吸えず…。
医師の先生にも様子見と言われてしまいました。

それからも根気強く吸引器で吸引すること数日、ある日突然ズボボボッ!と鼻水が吸引器に溜まりました。
その時から急激に吸引できるようになり、フガフガいうたびに吸引を繰り返していたらあっという間に吸引器にドロドロ汚れが…。
そんなことが数日続くうちに、自然と鼻水量がおさまっていきました。

ちなみにその頃はちょうど両親ともに喉風邪をひいていた頃だったので、もしかしたらウイルスに感染してしまって体内で必死に戦っていたのかな?
その結果の鼻水だったのかな?と思うと、ちょっと申し訳ない気持ちになります…。

みんなへメッセージやアドバイス

生後2カ月の現在も鼻はたまにフゴフゴ鳴りますが、鼻づまりは解消されています。
鼻づまりを放置すると蓄膿症になることもあるそうなので、フゴフゴ言い出したらたとえすぐ吸えなくても根気よく吸引することをオススメします。

ちなみに鼻くそを上手に取るコツは、綿棒を母乳で湿らせてから使うことです。
母乳の匂いがするとあまり嫌がらずにほじくられてくれますよ☆
1

上へもどる