カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. すぐ爪が伸びるわが子の爪切り
ホームケア

[0歳2ヶ月]すぐ爪が伸びるわが子の爪切り [育児の体験談]

395人に読まれました
2015-12-17 21:18
現在生後2カ月の息子は、生まれたその時から爪が長めでした。
カンガルーケアをしながらあちこちさわって、手を見たときに「爪、長っ!」と驚いたほどでした。
お腹の中でぐんぐん伸びていたようで、早めに切ってあげなきゃなぁ…と感じたことを覚えています。

そして生後0日目、はじめは助産師さんにお願いして切ってもらいました。
あまりに小さい指と爪に、尻込みしてしまったのです。

しかしそれから数日ですぐにまた伸びてしまい、結局入院中に二度切る羽目になりました。
二度目は病院で小さなハサミを借りて、自力で切ってみることに。

いざ切ろうとしてみると息子の爪の形は少し変わっていて、皮膚とつながっていない白い部分がなだらかなUの字を描いていたのです。
つまり丸く曲線を描きながら切ることが難しく、このときはとりあえずほぼ直線の状態で切りました。

しっかり切れて安心したのもつかの間、退院数日でまたぐんぐん伸びる爪…。
伸びすぎじゃないか!?と思いつつも、ほっぺや白目を傷つけてしまうこともあったため、里帰り中も頻繁に爪切りをすることに。
たまに深爪気味にキッチリ切ってしまうこともあり、生後はUの字だったはずの白い部分が見事な直線に(笑)
出血したり、泣かれることはなかったので痛みはなかったと信じたいです…。

生後2カ月の今でも、ちょっと気を抜くとすぐに顔面に傷を作っています。
指しゃぶりというか拳しゃぶりを覚えたので、口元に置いていた手がすべったと思しき傷も数点…。
ヤンチャだなぁとほほえましく思いつつも、やっぱり眼球を傷つけてしまってはいけないとハラハラします。
今ではリビングのテーブルに赤ちゃん爪切りを常備しています(笑)

みんなへメッセージやアドバイス

はじめは傷つけてしまいそうで怖い爪切りですが、放置することで赤ちゃん自身が自分の顔や体を傷つけてしまうことも。
伸びたなと感じたら、早めの爪切りをオススメします。
1

上へもどる