カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 妊娠中の風邪
トラブル

[24w]妊娠中の風邪 [妊娠・出産の体験談]

2607人に読まれました
2015-07-08 15:46
妊娠中の風邪、薬を飲むのに抵抗のあった私が陥った最悪の後遺症
  • 妊娠中の風邪

    2人目の妊娠中に風邪をひいてしまいました。
    主な症状は咳がひどかったです。
    産婦人科を受診したところ、
    提携の内科を紹介して頂きました。
    内科では妊婦さんの扱いになれているようで、
    とても丁寧に診察をして頂き、ただの風邪という事で
    薬を処方して頂き、帰宅しました。
  • 薬への抵抗

    せっかく処方して頂いた薬ですが、私は妊娠中に薬を服用する事に
    強い抵抗を持っていました。
    先生の「ただの風邪」という言葉があったおかげで2、3日で
    治るだろうとタカをくくっていた部分もあったと思います。
    そんな私は、処方された薬を一切飲まずに過ごしました。
  • 症状の悪化と再受診

    しかし、2週間経っても咳は止まらず、継続的に
    時には息をするのが苦しくなるくらいの咳が続きました。
    咳が続けばおなかが張り、
    おなかが張りがしばしばおきるようになりました。
    さすがにおなかの赤ちゃんが心配になり、
    内科を再受診しました。
    前回と違い様々な検査をした結果は・・・
    風邪から気管支喘息を併発してしまっていました。
    今度は薬と共に吸入器を処方されました。
  • 吸入器との長いおつきあい

    さすがに再受診後は薬の服用と吸入器を使用しました。
    咳を抑えられるので、おなかの張りも落ち着き、
    無事に健康な赤ちゃんを出産する事ができました。
    しかし、全員ではないと思いますが、私の場合は見事に
    気管支喘息が癖になり、出産して3年が経過した今でも
    風邪をひく度に気管支喘息を
    併発してしまうようになりました。
    子供に風邪をうつしたら・・・という恐怖と、
    また気管支喘息を併発してしまったら・・・という
    2つの恐怖をかかえるハメになってしまいました。

みんなへメッセージやアドバイス

私のように、妊娠中に大丈夫だと言われても薬を飲む事に抵抗のある方もいらっしゃると思います。
妊娠中でも服用可能で赤ちゃんに影響のない薬はたくさんあるようです。
赤ちゃんの為にも、もし薬を処方されたらきちんと服用して
早く元気になって楽しい妊娠生活を過ごしていただければと思います。
3

妊娠24w前後の体験談

上へもどる