カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 2人目妊活を始めるにあたって。年齢と経済的な事を考える
妊活

2人目妊活を始めるにあたって。年齢と経済的な事を考える [妊娠・出産の体験談]

4366人に読まれました
2016-03-09 12:02
一人娘が1歳3ヶ月になった頃の事です。
それまでは娘の育児、家事で日々精一杯生きだったので、二人目の事を考える余裕がありませんでした。

それがこの頃段々と一人遊びも出来るようになったり、生活のリズムも整ってきたので自分のために使える時間も多少出てきました。
  • 2人目について考える

    同じ年齢の子を持つママ友の間で
    「二人目って考えてる?」
    という話題がチラホラ出てくるようになったり、2人目が出来たという話も。

    2人目が欲しいなぁと考え始めていた頃だったので、主人にその話をしてみましが、
    「まだ早くない?」
    と素っ気ない返事。

    もともと私は子どもを3人欲しくて、主人は2人で十分と言っていました。

    1人目を出産してからは、経済的な事も考えて
    私も2人が限界かな?と思うようになりました。
  • 2人目について夫婦で話し合い

    そこから夫婦で話し合いを始めてみましたが、主人は1人でも充分じゃないかと言い始めました。

    理由は経済的な事でした。

    今は保育園の空きを待つ待機児童の我が子。

    もし入園出来れば私の収入も入るので経済的にも少しは楽になります。

    しかし、2人目が出来たらまた働けなくなるし、家計も苦しくなる。

    そう思っているみたいでした。

    私は年齢的にも(30代前半です)早めに2人目を産んで、体力がある内に子育てをしたいと考えていました。

    しばらく話し合いを続け、こどもが幼稚園に入るくらいから私がパートに出られれば何とかなるのかなぁ…という感じで2人目を作るのに同意してくれた主人でした。
1

上へもどる