カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. マタニティ旅行の思い出〜温泉旅館でまったり〜
妊娠中の生活

[32w]マタニティ旅行の思い出〜温泉旅館でまったり〜 [妊娠・出産の体験談]

2131人に読まれました
2015-12-17 01:01
妊娠生活も安定期に入ると、残り少ない夫婦2人の時間を楽しみたいと考える方も多いのではないでしょうか?

最近流行りのマタニティ旅行ですが、我が家でも妊娠8ヶ月の時に行きましたので、その時の思い出を書きたいと思います。

まず旅行先を決めることが第一歩ですね。
私は特に妊娠トラブルはなかったのですが、万が一の緊急事態になるかもしれないという不安もあったので、なるべく近場で探しました。
主人は温泉旅館を希望していて、私は車で片道2時間以内を希望しました。出来れば片道1時間くらいが良いなぁと。
その条件でネット検索を掛けると、それなりの件数の旅館がヒット!

次に何を優先させるか考えると、二人とも美味しい食事を楽しみたいという意見。
主人は、部屋食でダラダラ飲みたいという願望もあったようなので、食事の評価が高い旅館で絞り込みました。

少し古いですが、食事がとにかく美味しいという口コミがたくさん載っている旅館を選び、無事に予約を完了することが出来ました。
  • いざ!旅行を楽しもう!

    そして迎えた当日。まずまずのお天気の中、主人の運転で温泉地に向かいました。
    道中は特に寄り道せず、すぐに旅館にチェックイン。まだ明るい時間帯なので、お散歩がてら明日の行き先などを見て回りました。
    そして予約していた家族風呂へ。正直温泉は普通でしたが、私たちのメインは食事なので問題なし!

    そしてそして、楽しみな夕食タイムが来ました。
    お肉のコースを頼んでいたのですが、前菜からとっても美味しくて、メインにいく前にお腹が満たされてしまいました。
    でもお肉も最高!!お腹は限界に近かったですが、あまりの美味しさに完食でした。

    主人も呑んだくれていましたが、とっても幸せそうで見ていて嬉しかったです。

    でも実はこの旅館の最大の幸せは翌朝待っていました。
    朝ごはんがとにかく美味しいのです。イカシューマイ、鯛めしなどのメニューなのですが、ビックリするほどの美味しさで大満足!
    その後はゆっくりチェックアウトして、近所の朝市に行ったり観光したり、まったりとした旅を楽しみました。

みんなへメッセージやアドバイス

子どもが生まれると、精神的にゆっくり過ごすことはほぼ無くなります。
ましてや旅行に出かけようとすると、あらゆることを想定して荷物の準備などをしなくてはなりません。
また行き先も子どもの喜びそうな場所になってしまうので、大人が楽しい旅はマタニティ期にしておくことをオススメします。
でも、万が一旅行先でトラブルになったら大変です。
旅行は妊婦の自己責任と言われますが、もしトラブルが出て旅先で入院でもしたらご主人や自分の職場、家族にも迷惑を掛けることになりかねません。
私としては、車で移動できる距離でスケジュールに余裕のある旅行が良いのではないかなぁと思っています。

我が家はそんな感じで満足できました。子どもたちが大きくなったら、また同じ旅館に家族で泊まりたいです。
0

妊娠32w前後の体験談

上へもどる