カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後5ヶ月 >
  4. ベッドの柵に手を伸ばす?!
生後5ヶ月

[0歳5ヶ月]ベッドの柵に手を伸ばす?! [育児の体験談]

183人に読まれました
2015-12-09 06:36
寝返り、寝返り返りをマスターするようになり、行動範囲が少しずつ増えてきたので、
少し目を話すと気付くと遠くへゴロゴロ転がっていることが多くなりました。

おむつ替えの台に乗せると今は横にあるおむつを掴んでしまったり、勢いで寝返りをうってしまうのでおもちゃを与えて気を紛らわすようにしていましたが、
それでも動き回って大変です。

そこで最近ではベッドの上でおむつを替えるようにしています。

さらに、興味は横から上に。
写真のようにうつぶせの状態でベッドの柵の上に手を伸ばすようになりました。

おもちゃで遊ぶのもだいぶ上手になりました。
手を少し前までは開く、閉じると単純な動きしかできませんでしたが
今は指の一本一本を上手に動かしておもちゃを触って遊んでいます。
口に入れて遊ぶのも大好きです。

あと、最近びっくりしたのが
離れていて届かないおもちゃに一生懸命手を伸ばすようになりました。
今までは届かないときは諦めていたのですが寝返りをうちながらゴロゴロ転がってみたり、
足で少しずつ蹴って近づいてみたり・・・少しずつ知恵がついてきているのがわかります。

遊び疲れて眠くなってくると甘えた声を出すこともあります。
私が横に寝そべっているとゴロゴロと私に近づいてきて私に手を伸ばし甘えた声を出してくると可愛さのあまりギュッとしてしまいます。

パパが仕事から帰ってきたときに玄関のドアの鍵が開く音がすると
その方向を見て、帰ってきたパパの顔をじーっと見つめます。

パパのそんな息子の姿にメロメロです。

新生児期も生後2ヶ月、3ヶ月のときも可愛かったですが
表情が豊かに、出来ることが増えてきた最近も可愛さが増してきて
一緒にいられる時間がとても楽しいです。



1

上へもどる