カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 物の取り合いは、成長の1つ。
ママの悩み

[3歳]物の取り合いは、成長の1つ。 [育児の体験談]

405人に読まれました
2015-12-09 12:13
子供のお友達とのやり取りで、私が悩んだのは「おもちゃの取り合い」でした。

一番悩んでいた時期は、長女が幼稚園の年中さんに上がるまででした。

おもちゃを取ってしまう相手のお子さんが、1 才過ぎ位だと、おもちゃを取られても、相手の子はよく分かりません。逆に遊んでもらっている感覚もあるかもしれません。
でも、同じ位のお子さん相手では、当たり前ですが、かなり揉めました。その相手も、仲の良しのお友達。

遊び始めてすぐは、仲良く貸し借りも出来るのですが、時間がたつにつれてそうはいかなくなる。
3~4歳位までは、続きました。
私も成長した今は、それは当たり前と、わかります。

でも、当時はそうはいきません。当事者ですしね(*_*)

そのことで、悩んでいたときに、先輩ママさんが言っていたのは、

「3人の子供のこの時期を、見てきたけど、少し時間がたてば、いつの間にか仲良くなってるし、翌日には忘れてしまい、また遊ぶ、って言うことがわかったかな。大人が考えるほど。子供は深く考えてないかなー。」

とおっしゃっていました。

確かにそうですよね。自分を振り返っても、思い当たる節はあります。
私に幼馴染みの女の子がいました。やっぱり物の取り合いはあるし、口げんかもある。
嫌な思いをしましたが、やっぱり翌日には仲良く遊んでました。段々大きくなってくると、理不尽なことも、少しわかりましたが、それより楽しい方が勝ってました。

みんなへメッセージやアドバイス

物の取り合いやケンカは、しないと子供の気持ちが成長しないかな、と思います。嫌なことされたら、どんな気持ちになるのか、一方的ではなく、お互いに、感じることで、育つ気持ちだと、私は思います。

もちろん、そこでママのフォローは必要です。
「あと○回遊んだら交代しようね」や「お友達も、遊びたいんだよ、遊べなかったら悲しいよね。」など、気持ちを伝えてあげることは、必要かな、と、思います。

子供のお友達との関わり合いで思うことは、

「お互い様」。

そう考えられたとき、長女のおもちゃの取り合いは、通らなければ行けない道。
お互いの気持ちがわかると、譲合いの気持ちが育つなかな、と思えるようになりました。
2

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる