カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 2歳 >
  4. 我が家流、トイレトレーニングの進め方。~2歳2ヵ月~
2歳

[2歳]我が家流、トイレトレーニングの進め方。~2歳2ヵ月~ [育児の体験談]

348人に読まれました
2015-12-10 06:20
先日、我が家に新しい家族が誕生しました。これを機に、上の子のトイレトレーニングを再開することにしました。2歳になってすぐに始めたものの、あまりにもグダグダで、一旦止めていたのです。2歳2カ月になった娘はこの2ヵ月でグンと成長し、うんこが出た後、教えてくれるようになりました。でも、心配していたのは娘の赤ちゃん返り。しかし、取り越し苦労だったようで、意外にも上手くいきました。弟が出来たこのタイミングで始めたのが逆に「お姉ちゃん」の刺激となり、良かったのかもしれません。
前回トイレトレーニングを始めた時、便座に載せるタイプの子ども用の便座を使用していました。でも、これだと足が宙ぶらりんの不安定な体勢のため、上手く力めないのではないかと旦那に相談した結果、おまるを買うことにしたのです。そして、私と旦那のどちらかが、常に娘を観察し、頻繁にトイレに連れていけるよう、週末に開始しました。想像はしていたけれど、初日はグダグダ。しかし、2日目。どうやらおしっこがでる前の感覚をつかんだらしく、自己申告してくれるようになりました。自己申告がなくても、約30分置きにおまるに座らせていました。これで成功率はかなりあがりました。しかし、旦那の仕事が始まり、私だけになった月曜日。頻繁にある新生児の授乳、オムツ換えに手をとられトイレに間に合わないことも多々あり、振り出しまでとはいかずとも何度もおもらしがありました…。
そこで、トイレに入って出るまでの流れを一緒に教えようとしていましたが、これを省き、せっかく教えてくれたのに間に合わないという事態をさけるため、いつも遊んでいるリビングにおまるを設置しました。これが大成功。すぐに座らせることができるため、90%程の成功率になりました。段階を踏むことにより、逆に早くトレーニングが進むことになったのです。おまるは古典的ですが、大活躍してくれました。まだ間隔はせまく、一日十数回おしっこをする娘ですが、1週間でうんこは100%、おしっこは95%程、しかもその多くが自己申告で成功するようになったのです。

みんなへメッセージやアドバイス

トイレトレーニングをする目的を明確にすることは大事だと思います。なぜ今トレーニングをしなければならないのか。我が家はおむつ代の節約が目的でした。幼稚園に入るまでオムツを履いている子はほとんどいないと思うので、時期が来ればオムツは自然に外せるものだと思うのです。子どもの成長に合わせたトレーニングをすることで、期間をぐっと縮め、ストレスフリーのトイレトレーニングも可能です。友人は3歳直前で始め1日で外れたといいます。トイレトレーニングの最大のポイントは子どもに合わせることです。手を離せない状態でも、無理やり離してトレーニング中の子どもに視点を置くことが、成功への近道だと思います。
0

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる