カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. みんなのインタビュー >
  4. 妊娠中ショックだった言動 >
  5. yuimaruさんの体験談[妊娠中のショックな言動] 親族や親戚のふとした一言です。...
妊娠中ショックだった言動

[32w]yuimaruさんの体験談[妊娠中のショックな言動] 親族や親戚のふとした一言です。... [妊娠・出産の体験談]

by yuimaruさん
566人に読まれました
2015-12-10 15:18
  • Q1.自己紹介をお願いします!(例:20代、妊娠10ヶ月の初マタです)

    20代後半、生後2か月の息子を持つ新米ママです。
  • Q2.誰の言動にショックを受けましたか?

    親族や親戚のふとした一言です。
  • Q3.いつどんな状況でショックを受けましたか?

    妊娠後期にお会いしたときに言われた一言です。
    その頃まだ胎児の性別がはっきりとしておらず、おそらく男児か?という状況でした。
  • Q4.どのような言動にショックを受けましたか?

    男の子は体が弱いからすぐに病気になる、男の子は大変だし手がかかる、一人目は女の子がいい、など、性別について言われました。
    まだ胎児の性別が確定していなかったので、おそらく男の子だろうと話していなかった私にも非がありますが、ショックでした。
  • Q5.その時とったあなたの行動は?

    胎児の性別に確信が持てていなかったので、とりあえずその場は同意しました。
  • Q6.その時のあなたの感情を教えてください

    当初から男の子がほしいという思いがあり、性別の判定も男の子に傾きつつある頃だったので非常にショックでした。
    ただ、また確定でないからと性別を教えていなかったので、それよりも前に男の子だと伝えていたら状況は変わっていたのだろうと思います。
    悪意はないのだから引きずってはいけないと思いました。
  • Q7.その後どのようにショックを乗り越えましたか?

    引きずってはいけないと思いつつも、生まれた息子に黄疸があったり、臍ヘルニアがあったりと、通院が続くたびについその言葉を思い出してしまいます。
    ただ、だからこそ余計に気をつけて健康に育ててあげたいと思うようにもなりました。
0

妊娠32w前後の体験談

上へもどる