カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 赤ちゃんとの生活で増えた出費の話
お金・各種制度

[22w]赤ちゃんとの生活で増えた出費の話 [妊娠・出産の体験談]

1793人に読まれました
2015-07-09 15:26
赤ちゃんが生まれると、お金がかかるとは良く聞く話。
育児用品だったり、学資保険だったりというのは、あちこちのコラムでも目にしますが、生活全般での出費が増えたな~と実感したことについてまとめてみます。
  • 水道局から電話がかかってきた!

    赤ちゃんが生まれると、洗濯物が一気に増えます。
    おっぱいやミルクの吐き戻しやら、ウンチ漏れなどで慣れないうちは着替えも頻繁。タオルやガーゼ類も別で洗ったり、まして我が家の場合は布おむつも使っていたので、一日中ひっきりなしに洗濯機を回しているようなときもありました。

    ある程度、水道代が増えるのは覚悟していましたが、お知らせ伝票を見て予想を上回る請求額に驚きました!
    後日、水道局から電話もかかってきました。水道代が跳ね上がったが、水漏れはないか、思い当たることはないかと。
    子どもが生まれたと答えると、納得されました。

    ある程度、赤ちゃんとの生活に慣れてくると、洗濯もある程度まとまってからとか、調整しながらやるようになりましたが、子供が増えるたびに年々上がっています。
    エアコンや床暖房なども、同様に赤ちゃんとの生活のために、我慢をせずに使うこともあるので、光熱費も上がっていきました。
  • あれもこれも食べさせたい

    離乳食が始まり、食べられるメニューが増えてきたとき、我が家の食費も右肩上がりに増えました。
    いろいろなものを食べさせてみたいという思いで、あれこれ買っていたからです。
    やはり、産地なども多少高くなってもこだわっていましたし、魚や野菜など、普段あまり買わないようなものも、ほんのちょっとの離乳食のために買っていたので、冷蔵庫の中は潤っていました。
    家庭であまり使わない食材などは、うまくベビーフードを活用する方が、経済的な面もあるかもしれません。
    しかし、我が家では3人目が離乳食真っ只中ですが、すっかり手抜きを覚えてしまった私は、あまりいろいろな食材を買ってあげず、かえって申し訳ないくらいです。

みんなへメッセージやアドバイス

生活費のやりくりは永遠の悩みですよね。
頑張ってやりくり上手なお母さんになれるよう、日々試行錯誤です。
2

妊娠22w前後の体験談

上へもどる