カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 赤ちゃんの耳掃除
ホームケア

[0歳1ヶ月]赤ちゃんの耳掃除 [育児の体験談]

4990人に読まれました
2015-12-10 21:46
全国のママさん、その耳掃除の仕方間違っていませんか?
私もこれを聞くまでは完全に間違った方法で耳掃除をしていました。

答えを先にゆっちゃうと耳掃除、基本的には「する必要はない」のだそうです。
詳しく説明します。耳は奥の鼓膜の方から表面部分に向かって新しい皮膚→古い皮膚と生まれ変わっているんですね。つまり、普段目に見えている耳の入り口は古い皮膚側ということになります。
人間の皮膚は新陳代謝に伴い時間をかけて生まれ変わって行きますよね。例をあげると日焼けをしたあとペリペリと剥ける皮が古い皮膚、その下のつるつるしたのが新しい皮膚です。同じように耳も奥から古い皮膚が時間をかけて流れてくるんです。ベルトコンベアをイメージするとわかりやすいです。よく耳垢と呼ばれるものは古い皮膚の塊というわけです。

耳掃除って結構奥の方まで綿棒いれちゃったりしますよね。赤ちゃんに限ってではないですが、それこそが大間違いだったんです。古い皮膚(耳垢)が奥からベルトコンベアのように徐々に耳の入り口までやってくるわけですが、要するにその入り口に来るまで待てってことです。入り口付近にきた耳垢ってわりと目に見えてわかりやすいのてそれだけをとればいいんです。
中途半端なところで綿棒をいれちゃったりなんかするとせっかく出前まできていた耳垢が奥に戻っちゃうんですね~。

どうですか?私はこれを聞いたときなるほど!と思いました。特に皮膚の弱い赤ちゃんなんかは要注意です。
1

上へもどる